観光情報

−Sightseeing−

タイトル
サンパウロ ―São Paulo―
サンパウロ拡大表示

カテドラル・メトロポリターナ ―Catedral Metropolitana―
サンパウロの象徴の一つで、サンパウロの方位の起点となっているセー広場にある大聖堂です。40年の歳月をかけて、1954年に建設されました。高さ97m、幅46m、奥行き111mというゴシック様式の大聖堂は、その外観の大きさと美しさもさるものながら、中に入ると一層その迫力を感じられます。美しいステンドグラスに囲まれた広い空間と静けさは、まるで別の時間が流れているかのようです。

サンパウロ

拡大表示

タイトル
サンパウロ拡大表示

東洋人街 ―Bairro Oriental―  
地下鉄リベルダージ駅周辺には東洋人街があります。東洋人街といっても、ここでは日本文化がより色濃く表れています。多くの看板が日本語で表記され、日本食レストランが軒を連ねています。各店舗では日本の食材、置物、和菓子、キッチン用品、DVDなど、日本に関連した様々な物が売られています。しかし、近年は中国人、韓国人が経営する店舗が増加しており、中国、韓国からの商品も多く売られるようになっています。
ここ東洋人街では毎週日曜日には「東洋市」が開かれ、多くの人で賑わいます。駅周辺の広場には屋台が軒を連ね、食べ物、衣類、アクセサリーや雑貨など、様々な物を販売しています。

サンパウロ拡大表示
タイトル
サンパウロ拡大表示

イビラプエラ公園 ―Parque do Ibirapuera―
サンパウロの中心部からほど近いこの公園は、1954年にサンパウロ市政400周年祭を記念してサンパウロ市南部に造成された120ヘクタールの広大な公園です。緑豊かなこの公園は市民の憩いの場として親しまれており、天気の良い週末には木漏れ日の中で散歩を楽しむ多くの人で賑わいます。園内には美術館や日本館などの施設もあり、散歩がてらこれらの施設を見学することもできます。
クリスマスシーズンには公園脇に巨大なクリスマスツリーが飾られます。園内はデコレーションが施され、夜には池の噴水をライトアップしたイベントも開かれます。

サンパウロ

拡大表示

拡大表示

タイトル
サンパウロ拡大表示

市営市場 ―Mercado Municipal―  
この市営市場では主に果物、魚、肉などの生鮮食料品を販売していますが、その他にもワインやチーズ、香辛料、一角にはブラジルのお土産も販売しています。この市場に行ったら是非お試しいただきたいのが、名物の「モルタデーラサンドイッチ」です。ブラジルのハムをふんだんに使っており、一人では食べきれないほどのボリュームです。またこの市場ではその建物とステンドグラスも見どころの一つです。ランチを兼ねて訪れてみてはいかがでしょうか。

サンパウロ拡大表示
サンパウロ拡大表示
タイトル
サンパウロ拡大表示

サンパウロ美術館 ―Museu de Arte de São paulo(MASP)―
サンパウロ美術館はパウリスタ大通り沿いに位置するサンパウロを代表する美術館です。約1,000点の収蔵作品の多くは、ラファエロ、レンブラント、ルーベンス、ルノワール、モネ、セザンヌ、モジリアーニ、ゴッホ、ゴーギャン、ピカソなどの西欧画家により描かれたもので、世界的にも有名な美術館です。
日曜日には美術館の下でアンティーク市が開かれます。所せましと並ぶアンティークの数々は、見て歩くだけでも楽しめます。

タイトル
サンパウロ拡大表示

ブタンタン毒蛇研究所 ―Instituto Butantan―  
ブタンタン毒蛇研究所は、毒ヘビ、毒グモ、サソリ等の血清研究、ワクチン製造を行う世界的にも有名な研究所です。構内には付属の博物館があり、多種多様のヘビ、クモなどを展示しています。屋外にはヘビ園も併設されており、飼育されているヘビを間近で見学することができます。

サンパウロ拡大表示
サンパウロ拡大表示
タイトル
サンパウロ拡大表示

サッカー博物館 ―Museu do Futebol―
ブラジルと言えばサッカー大国です。サッカー博物館は、サンパウロのサッカーチーム、コリンチャスのホームであるパカエンブースタジアムに併設されています。ブラジルサッカーのこれまでの軌跡が見られるだけでなく、グッズも豊富な品ぞろえで販売されています。サッカーファンには必見のスポットです。

タイトル
サンパウロ拡大表示

エンブ ―Embu das Artes―  
エンブはサンパウロの都心部から車で約1時間程度のところにある街で、アートの街として知られています。石畳の街に軒を連ねる店舗の店構えはそれぞれがカラフルで個性に溢れています。雑貨、家庭用品、天然石、香辛料、ワイン等、売られている物は様々です。ここではブラジルならではの物が豊富に売られているので、お土産探しにも最適です。
週末には蚤の市が開かれており、多くの人で賑わいます。蚤の市では衣類、アクセサリー、革製品、スイーツ、植物、ペット、土産物までバラエティーに富んだ物が売られています。また、多くのアーティストが自分の作品を展示・販売しており、見て歩くだけでも楽しい街です。

サンパウロ拡大表示
サンパウロ拡大表示
サンパウロ拡大表示
タイトル
サンパウロ拡大表示

森林ハイキング ―Caminhadas na Floresta―  
サンパウロの都心部にいると、そこからブラジルの大自然まではかなりの距離があるように感じられます。しかし、都心部から車で約1時間程度で、ブラジルならではの広大な森林にアクセスすることができます。木漏れ日の中を歩くハイキングは、サンパウロの都市部とはまったく違ったブラジルを体感させてくれます。運が良ければ野生のカピバラやトゥカーノが見られるかもしれません。ブラジルの魅力は何と言ってもこの大自然です。少し時間をとってブラジルの大自然を体感してみてはいかがでしょうか。

サンパウロ
サンパウロ

拡大表示

拡大表示

タイトル
カンポス・ド・ジョルダン ―Campos do Jordão―
カンポスドジャルダン拡大表示

カンポス・ド・ジョルダン ―Campos do Jordão―  
サンパウロから車で約2時間半のところに「ブラジルのスイス」と呼ばれる街があります。その名の通り街中にヨーロッパの文化が色濃く表れている場所で、歩いているとブラジルにいることを忘れてしまいそうになるほどです。各レストランもドイツビールやソーセージ、チーズフォンデュやクレープなど、ヨーロッパテイストの食事を提供するお店が軒を連ねています。
街からほど近いところにはサンパウロ州立公園があり、大自然の中のハイキングを楽しむこともできます。標高約1,600mの高原にあるこの街には高台から景色を楽しむスポットが数か所設けられています。天候の良い日に山の上から眺める景色はまさに絶景です。
観光、食事、ショッピング、大自然、どれをとっても楽しめるこの街はサンパウロからの小旅行に最適です。

カンポスドジャルダン拡大表示
カンポスドジャルダン拡大表示
カンポスドジャルダン拡大表示
タイトル
イグアスの滝周辺 ―Foz do Iguaçu―
イグアスの滝拡大表示

イグアスの滝 ―Cataratas do Iguaçu―
ユネスコの世界遺産にも登録されているイグアスの滝は最大落差が80m、滝幅4kmにも渡る世界最大の滝です。膨大な量の水煙をあげる巨大な滝の姿からは、自然の雄大さを感じずにはいられません。イグアス国立公園内では、公園内の散策や、滝壺間近まで接近できるボートクルーズ、ヘリコプター遊覧などの様々なツアーに参加することができます。また、滝の近くまで張り出している遊歩道を進むと、滝の迫力を間近で感じることができます。豊かな森と自然に囲まれた滝の美しさと迫力をお楽しみください。

イグアスの滝
イグアスの滝

拡大表示

拡大表示

タイトル
イグアスの滝

バードパーク ―Parque das Aves Foz Tropicana―
イグアス国立公園のほぼ真向かいにあるこのバードパークでは、世界各国から多種多様な鳥が集められています。中には鳥のゲージに自由に入れる場所もあり、ゲージ内の鳥たちを手の届く距離で見ることができます。森の中に作られたようなこの公園では数多くの草花も見ることができます。鳥と一緒に熱帯地域ならではの植物も楽しんでみてはいかがでしょうか。

拡大表示

イグアスの滝拡大表示
イグアスの滝拡大表示
イグアスの滝拡大表示
タイトル
イグアスの滝拡大表示

イタイプダム ―Itaipu Binacional―  
イタイプダムはブラジルとパラグアイの国境を流れるパラナ川に作られた、世界で二番目に大きい水力発電用ダムです。ダムの大きさは高さ196m、長さ1,400m、貯水量は290億トンという巨大さです。発電される電力はブラジルとパラグアイで均等に分けられますが、人口の少ないパラグアイは電力を使い切れず、ブラジルに売電しています。イタイプダムではいくつかの見学ツアーが用意されています。見学にはいずれかのツアーへの参加が必要となります。

イグアスの滝拡大表示

このページの先頭に戻る

ブラジルツアーサービス